多数派支配型民主主義(読み)たすうはしはいがたみんしゅしゅぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多数派支配型民主主義
たすうはしはいがたみんしゅしゅぎ

相対的多数派少数派の意見や世論を,合法的な操作によって切捨て,多数派の意図する方向に決定を導くような制度や仕組み。一院制や中央集権制などがその代表的な例であるが,小選挙区制もそうした要素が含まれる。多数派にしても,少数派にしても,相対的なものでしかないため,わずかな数の差で少数派の意向が無視される危険性をはらんでいる。多数派と少数派の主張にあまり違いがない場合なら,結果的にはそれほどの問題はないが,両者の主張がかけ離れていたり,反対が強い場合には大きな危険をはらむことになる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android