コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一院制 いちいんせい unicameralism; unicameral system

6件 の用語解説(一院制の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一院制
いちいんせい
unicameralism; unicameral system

単一の議院から構成される議会制度身分制議会を起源とする両院制と対比される。「上院と下院が一致するならば,上院は無用であり,不一致ならば,有害だ」というシエイエスの言葉に代表されるように,民意は一つであるという考えに基づき,1789年のフランス革命議会で初めて採用された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いちいん‐せい〔イチヰン‐〕【一院制】

一つの議院だけからなる議会制度。→二院制
[補説]採用している国は韓国中国モンゴルベトナムイスラエルイラントルコケニアタンザニアスウェーデンノルウェーフィンランドギリシャポルトガルベネズエラペルーニュージーランドなど。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

一院制【いちいんせい】

二院制に対し,一議院で構成される議会制度。国民の意思は単一であるという理論に基づくもので,第2次大戦後の東欧社会主義諸国やアフリカにその例が多く,ニュージーランドデンマークスウェーデンなども採用している。
→関連項目議会

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いちいんせい【一院制 unicameral system】

議会構成の一つの型で,国民代表より成る単一の合議体だけで議会を構成する制度をさし,二院制と対比される。一院制が初めて採用されたのは,1789年のフランス革命議会においてであった。当時のフランスでは,主権は単一不可分であるから,国民の主権を代表する議会もまた不可分でなければならず,議会を二院に分けることは,国民の意思を二つに分離することになるとする理論が広く受け入れられていた。シエイエスの〈上院は何の役に立つであろうか。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いちいんせい【一院制】

一つの議院のみで構成されている議会制度。 → 二院制

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一院制
いちいんせい
unicameral system

国民の代表機関である議会が一つの会議体だけで構成されているもの。二院制、両院制に対する語。議会政治の母国イギリスが、貴族・僧侶(そうりょ)身分と庶民部分をそれぞれ上院と下院に分属させ二院制の形態をとったため、その後の世界のほとんどの国々がこの二院制を採用している。日本も第二次世界大戦前には貴族院・衆議院、戦後は衆議院・参議院の二院制によって議会を構成している。
 近代に入って最初に一院制を採用したのはピューリタン革命時代のイギリスで、ここでは国王を処刑し上院を廃止した(1649)ため、一時期下院だけの時代が続いた。その後、フランス革命直後のフランス議会も一院制を採用した(のちに二院制に改められた)。当時の上院は特権階級の利益を代表していたので上院の廃止が強く望まれたものと思われる。それと同時に、国民主権主義の立場から、国民を代表する会議体は単一でなければならないという考えが一院制採用の理論的根拠となったとも考えられる。第二次世界大戦後の東欧社会主義諸国のほとんどが、また中華人民共和国などが現在も一院制の代表機関を採用しているのも、国民の意志が正しく反映されるならば一院制でもよいという考えにたっているものといえよう。もっともソ連のような多民族国家からなる連邦国家においては、その代表機関は国民的部分と民族的部分を代表する二つの会議体から構成されていた。またソ連崩壊後のロシアでも二院制を採用している。
 一院制の長所としては、立法や議事の決定が迅速に運び、二院制の場合に生じがちな無用な議事の遅滞を避けることができるという点があげられるが、その反面、一院だけでは議事の決定の際に慎重さを欠くおそれがあるという批判も聞かれる。資本主義国でも、フィンランド、デンマークなどが一院制を採用している。[田中 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一院制の関連キーワード議員国民代表身分制議会替の型還り成る成り成る罷り成るヘテロ発酵ゼムスキー・ソボル四つの四重奏

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一院制の関連情報