コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多段抽出法 ただんちゅうしゅつほう multistage sampling

1件 の用語解説(多段抽出法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多段抽出法
ただんちゅうしゅつほう
multistage sampling

標本抽出法の一種。調査を行う場合に母集団から直接に標本を抽出せず,母集団をいくつかの標本の集り (クラスター) に分け,まずそのクラスターを単位として抽出し,次に第2段でそのクラスターのなかからさらに抽出してクラスターをつくる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の多段抽出法の言及

【標本調査】より

…このように本来は有意抽出法,無作為抽出法のどちらの抽出法によるものも標本調査であるが,無作為抽出法が多用される今日では,単に標本調査といえば無作為抽出法による標本調査を意味することも多い。無作為抽出法には,もっとも基礎的な抽出法である単純無作為抽出法のほか,層化抽出法,多段抽出法,系統抽出法などの諸技法が考案されているが,以下ではまず単純無作為抽出法を例にとってその原理を説明する。
[単純無作為抽出法の原理]
 たとえば,10人勤めている会社があってその平均賃金を知りたいものとする。…

※「多段抽出法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

多段抽出法の関連キーワード層化抽出法標本標本調査母集団無作為抽出推計学抽出法標本抽出連続抽出法標本抽出法