コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

層化抽出法 そうかちゅうしゅつほう stratified random sampling

3件 の用語解説(層化抽出法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

層化抽出法
そうかちゅうしゅつほう
stratified random sampling

系統抽出法と副次抽出法が,誤差が多少大きくなるが実施上の手間を省く便法であるのに対し,層化抽出法は,標本の精度を高める手続である。層化とは,母集団のもつなんらかの標識について,その標識が一つの層内では均質に,層と層の間では異質になるように,いくつかの層に分割することである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

そうか‐ちゅうしゅつほう〔ソウクワチウシユツハフ〕【層化抽出法】

統計調査で、母集団から標本を抽出するとき、調査事項に影響をもつと考えられる既知の事柄によって母集団をいくつかの層(群)に分け、そこから適切な比率で標本を抽出する方法。層別抽出法。層別任意抜き取り。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

そうかちゅうしゅつほう【層化抽出法】

調査で、あらかじめ母集団をいくつかの層に分け、各層から無作為に標本を選び出す方法。層別任意抜き取り。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

層化抽出法の関連キーワード多段抽出法等間隔抽出法任意抽出法有意抽出法抽出法ソックスレー抽出法連続抽出法2段抽出法非接触溶剤抽出法標本抽出法

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone