コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

層化抽出法 そうかちゅうしゅつほうstratified random sampling

3件 の用語解説(層化抽出法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

層化抽出法
そうかちゅうしゅつほう
stratified random sampling

系統抽出法と副次抽出法が,誤差が多少大きくなるが実施上の手間を省く便法であるのに対し,層化抽出法は,標本の精度を高める手続である。層化とは,母集団のもつなんらかの標識について,その標識が一つの層内では均質に,層と層の間では異質になるように,いくつかの層に分割することである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そうか‐ちゅうしゅつほう〔ソウクワチウシユツハフ〕【層化抽出法】

統計調査で、母集団から標本を抽出するとき、調査事項に影響をもつと考えられる既知の事柄によって母集団をいくつかの層(群)に分け、そこから適切な比率で標本を抽出する方法。層別抽出法。層別任意抜き取り。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そうかちゅうしゅつほう【層化抽出法】

調査で、あらかじめ母集団をいくつかの層に分け、各層から無作為に標本を選び出す方法。層別任意抜き取り。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone