コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

層化抽出法 そうかちゅうしゅつほうstratified random sampling

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

層化抽出法
そうかちゅうしゅつほう
stratified random sampling

系統抽出法と副次抽出法が,誤差が多少大きくなるが実施上の手間を省く便法であるのに対し,層化抽出法は,標本の精度を高める手続である。層化とは,母集団のもつなんらかの標識について,その標識が一つの層内では均質に,層と層の間では異質になるように,いくつかの層に分割することである。年齢や地位,学歴など主題と関連の深い標識について層化すれば,標本の大きさを変えないまま,標本誤差を小さくすることができる。普通,副次抽出法を組合せて行う場合が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

そうか‐ちゅうしゅつほう〔ソウクワチウシユツハフ〕【層化抽出法】

統計調査で、母集団から標本を抽出するとき、調査事項に影響をもつと考えられる既知の事柄によって母集団をいくつかの層(群)に分け、そこから適切な比率で標本を抽出する方法。層別抽出法。層別任意抜き取り。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そうかちゅうしゅつほう【層化抽出法】

調査で、あらかじめ母集団をいくつかの層に分け、各層から無作為に標本を選び出す方法。層別任意抜き取り。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

層化抽出法の関連キーワード層別任意抜き取り・層別任意抜取りサンプリング・メソッドランダム・サンプリングギャラップ世論調査層別任意抜取り系統抽出法比例割当法多段抽出法最適割当法

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android