コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多治比清貞 たじひの きよさだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多治比清貞 たじひの-きよさだ

?-839 平安時代前期の詩人,官吏。
弘仁(こうにん)5年(814)成立の最初の勅撰(ちょくせん)詩集「凌雲(りょううん)集」に漢詩2首がえらばれ,播磨権少掾(はりまのごんのしょうじょう)とある。勅撰第2詩集「文華秀麗集」にも1首収載。右・左少弁をへて伊勢守(いせのかみ)。承和(じょうわ)6年1月23日死去。氏は丹墀ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

多治比清貞の関連キーワード弘仁

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android