コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多田東渓 ただ とうけい

1件 の用語解説(多田東渓の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多田東渓 ただ-とうけい

1702-1764 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)15年5月29日生まれ。書家の桑原空洞の養子となり篤軒と称して書をおしえる。三宅尚斎に儒学をまなび,本姓にもどり,出羽(でわ)久保田藩(秋田県)藩主にまねかれ,造士館教授となる。のち上野(こうずけ)(群馬県)館林(たてばやし)藩につかえた。明和元年8月26日死去。63歳。京都出身。名は儀。字(あざな)は維則。通称は儀八郎。著作に「心遠堂雑録」「東渓詩文集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

多田東渓の関連キーワード入江正雄川田喬遷竹内長水滕元鳳丹羽雲気原斗南深尾滄浪増子淑時松本安美矢野容斎