コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多羅尾光雅 たらお みつのり

2件 の用語解説(多羅尾光雅の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多羅尾光雅 たらお-みつのり

1555-1636 織豊-江戸時代前期の武将。
弘治(こうじ)元年生まれ。本領は近江(おうみ)(滋賀県)甲賀郡信楽(しがらき)。天正(てんしょう)10年本能寺の変を知って帰郷する徳川家康の伊賀(いが)越えを父光俊とともに先導した。のち豊臣秀吉につかえ,秀吉没後は家康につかえた。寛永13年1月13日死去。82歳。初名は光久。通称は作兵衛,久八郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

多羅尾光雅

没年:寛永13.1.13(1636.2.19)
生年:弘治1(1555)
安土桃山・江戸時代前期の武将。光俊の3男。初名光久。作兵衛,久八郎。父光俊のとき織田信長に仕え,本能寺の変においては徳川家康の「伊賀越え」の先導として父子共に奔走した。これにより山城国(京都府)醍醐,山科などに所領を給わる。のち,豊臣秀吉に仕えたが領地は没収された。天正19(1591)年,再度知行を得,近江国甲賀郡信楽(滋賀県信楽町)に3800石を治める(のち,兄光太に1500石を割譲)。関ケ原の戦には,徳川家康方の筒井定次配下で戦功を立て,子光重より寄合に列した。

(宇野日出生)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

多羅尾光雅の関連キーワード石川康長織田有楽清韓文英牧興相山岡如軒酒井貞月弘尊安土桃山時代織豊時代堀秀治

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone