コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多胡真益 たご さねます

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多胡真益 たご-さねます

?-1665 江戸時代前期の武士。
石見(いわみ)(島根県)津和野藩士。多胡真清の次男。藩主亀井茲政(これまさ)のもとで家老をつとめる。山林原野をひらいて「主水畑(もんどばた)」をつくり,製紙(石州半紙)に力をいれるなど,藩財政の立て直しにつとめた。寛文5年9月3日死去。通称は主水。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

多胡真益の関連キーワードニュートン(Sir Isaac Newton)光の科学史タロンニュートン解析学フック(Robert Hooke)山鹿素行各務支考東京大空襲大阪城

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone