コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石州半紙 セキシュウバンシ

5件 の用語解説(石州半紙の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せきしゅう‐ばんし〔セキシウ‐〕【石州半紙】

《石州は石見(いわみ)国の異称》島根県西部地方産の、コウゾを材料とした丈夫な和紙。石見半紙
[補説]国指定の重要無形文化財。また、本美濃紙細川紙とともに、ユネスコ無形文化遺産に登録されている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

石州半紙【せきしゅうばんし】

島根県浜田市三隅町,江津市桜江町で生産される和紙。地元産のコウゾを用いた特に良質の和紙は〈石州半紙〉として知られた。岩見半紙ともいわれる。奈良時代柿本人麻呂が民衆に製法を伝えたという説もある。
→関連項目小川[町]浜田[市]三隅[町]美濃[市]美濃紙無形文化遺産保護条約

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せきしゅうはんし【石州半紙】

島根県那賀郡三隅町ですかれている強靱な楮紙(こうぞがみ)。島根県西部(旧,石見国。別称石州)の石見紙の起源については,柿本人麻呂が始めたという伝説があるが,確かなものではない。奈良時代の《正倉院文書》には隣の出雲国は主要な産紙国として名が現れるが,石見国はみえないので,発展はやや遅れたかもしれないが,平安時代の《延喜式》では主要な産紙国に発展している。中世の石見国を二分していた吉見氏と益田氏のそれぞれの領地で製紙が行われ,その紙が中央に流通していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せきしゅうばんし【石州半紙】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石州半紙
せきしゅうばんし

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の石州半紙の言及

【石見国】より

…和紙は津和野藩・浜田藩ともに国産第一の産業として奨励したので山間部農村の主要な産業となった。この石州半紙は大坂市場で好評を博し藩の重要な財源となった。陶器は海岸丘陵地帯の豊富な陶土層の存在により早くから日用雑器の生産をみたが,とくに水がめ・壺類などは石見の丸物と親しまれ,北陸から北九州にまで販路をのばし,今日の石州瓦に代表される石見窯業の基礎となった。…

【津和野[町]】より

…13世紀末の吉見氏以来,吉見氏14代,坂崎氏1代を経て,1617年(元和3)亀井氏が入府し,この後亀井氏12代の城下町となった。亀井氏2代藩主茲政(これまさ)による殖産で,石見(いわみ)半紙(石州半紙)を特産とする紙業が栄えた。また東方にある青野山東麓の沼原(のんばら)(沼地であった)の開拓により水田が開かれた。…

【半紙】より

…《好古小録》(1795)には古代の半紙の寸法は,縦1尺ほど,横1尺3寸ないし1尺4寸と記されている。半紙という名称は《正倉院文書》にも現れているが,広く大衆化して用いられるのは江戸時代で,良質と評判の高かった岩国半紙をはじめとして,山代半紙,大洲半紙,石州半紙など各地ですかれた。規格は大半紙,小半紙などに分かれ,各産地でも少しずつ違っていたが,標準としては,縦8寸,横2尺2寸の紙を半分に切った縦8寸,横1尺1寸の寸法である。…

【三隅[町]】より

…三隅神社はツツジの名所として知られ,矢原の三隅大平桜(天)は樹齢300年以上のヒガンザクラである。かつて石見(いわみ)地方の農村で作られていた石州半紙の伝統的製法は当地に残り,国の重要無形文化財になっている。日本海に沿って山陰本線,国道9号線が通じる。…

※「石州半紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

石州半紙の関連キーワード三隅〈町〉島根県浜田市三隅町芦谷島根県浜田市三隅町井川島根県浜田市三隅町井野島根県浜田市三隅町岡見島根県浜田市三隅町折居島根県浜田市三隅町河内島根県浜田市三隅町三隅島根県浜田市三隅町矢原徳島県那賀郡那賀町沢谷

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石州半紙の関連情報