コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多胡真蔭 たご さねかげ

1件 の用語解説(多胡真蔭の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多胡真蔭 たご-さねかげ

?-1718* 江戸時代前期-中期の武士。
多胡真清の4男。石見(いわみ)(島根県)津和野藩家老。3代藩主亀井茲親(これちか)につかえる。茲親が勅使接待役を命じられたさい,吉良義央(きら-よしなか)の仕打ちにいかり,大事になろうとしたが,真蔭が吉良に贈り物をして騒動を未然にふせいだといわれる。「仮名手本忠臣蔵」の加古川本蔵モデルとも。享保2年12月24日死去。通称は外記。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

多胡真蔭の関連キーワード朝日重章石黒貞雄岡井黄陵狩野安仙斎藤雇繒佐野直行死人小左衛門多賀左近妻木頼隆中堀僖庵

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone