コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多賀庵風律 たがあん ふうりつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多賀庵風律 たがあん-ふうりつ

1698-1781 江戸時代中期の俳人。
元禄(げんろく)11年生まれ。安芸(あき)広島の漆器商。志太野坡(しだ-やば)にまなび,門下四俳人のひとり。近在の広瀬村に草庵をつくり,頼春水らとまじわった。天明元年4月29日死去。84歳。名は敏行。通称は木地屋保兵衛。著作に「紙魚(しみ)日記」「俳諧(はいかい)癖物語」,編著に「ささのは」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

多賀庵風律の関連キーワード風律

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android