志太野坡(読み)しば やば

  • しだやば
  • 志太野坡 しだ-やば

美術人名辞典の解説

江戸中期の俳人越前生。本信田、のち志太(志多・志田)、また竹田(武田)と称す。通称は半次郎・弥助・弥亮。別号に野馬・樗子・無名野翁等。江戸に出て、越後屋両替店の手代となる。俳諧は初め其角に学び、のち芭蕉に入門する。大坂に移住し、中国・九州地方の俳壇蕉風を流布させた。蕉門十哲の一人。編著に『炭俵』『許野消息』等。元文5年(1740)歿、78才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1662-1740 江戸時代前期-中期の俳人。
寛文2年生まれ。江戸の越後屋両替店につとめる。松尾芭蕉(ばしょう)にまなび,元禄(げんろく)7年(1694)小泉孤屋らと「炭俵」を編集。宝永元年大坂にうつり,中国・九州地方を行脚(あんぎゃ)し,西国におおくの門弟を擁した。編著に「放生日」。元文5年1月3日死去。79歳。越前(えちぜん)(福井県)出身。姓は志田ともかく。別姓に竹田。通称は弥助。別号に野馬,樗子(ちょし),浅生(あさお)庵など。
【格言など】ちからなや膝をかゝへて冬籠り(「枯尾花」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

江戸前期の俳人。越前の人。江戸に出て、越後屋両替店の番頭となる。貞享二~三年(一六八五‐八六)ごろ、芭蕉の門にはいる。初号野馬、別号樗子、無名庵など。蕉門十哲の一人。元祿七年(一六九四)小泉孤屋(こおく)、池田利牛(りぎゅう)とともに「炭俵」を編纂。作風は「かるみ」をもっぱらとし、平淡で庶民的。芭蕉没後、大坂に移住、上方および中国・九州地方に蕉風をひろめた。句集に「野坡吟艸」がある。寛文二~元文五年(一六六二‐一七四〇

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android