コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夜の歌

デジタル大辞泉プラスの解説

夜の歌

オーストリアの作曲家グスタフ・マーラーの交響曲第7番(1904-05)の副題。原題《Lied der Nacht》。題名は、第2、第4楽章が『夜曲』と名付けられていることに由来する。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

よるのうた【夜の歌】

《原題、〈ドイツ〉Lied der Nachtマーラーの交響曲第7番の通称。ホ短調。全5楽章。通称は第2、第4楽章の副題「夜曲」に由来する。
《原題、〈フランス〉Chanson de Nuitエルガーのバイオリンとピアノのための楽曲「二つの小品」の第2曲。1890年頃に作曲。第1曲「朝の歌」と対をなす。管弦楽編曲版もある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

夜の歌の関連キーワードシューベルト(Franz Peter Schubert)ランゲ(Horst Lange)ジョン・A. ウイリアムズジョエル ブーローニュホルスト ランゲ中島ゆたかハーレック矢野 文夫クリスマス殉情詩集石丸 寛西岡慶子宮 柊二坂本 九何其芳ヤング宮柊二

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夜の歌の関連情報