夜想曲(読み)やそうきょく(英語表記)nocturne

  • やそうきょく ヤサウ‥
  • やそうきょく〔ヤサウ〕
  • 曲名

翻訳|nocturne

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノクターン。「夜の曲」を意味し,ロマン派時代に作られたピアノのための小曲が多い。イタリア語の「ノットゥルノ」と同義でもあるが,ノットゥルノは普通 18世紀のセレナードと同じに用いられる。ノクターンの名でピアノ曲を書いたのはアイルランドピアニスト J.フィールドが初めで,ショパンに引継がれた。分散和音伴奏に乗ってゆるやかな夢想的な右手旋律がうたわれる。ほかにメンデルスゾーンドビュッシーなどの管弦楽曲の作品も知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

フランスの作曲家クロード・ドビュッシーの女声合唱付き管弦楽曲(1897-99)。原題《Nocturnes》。フランス語のまま『ノクチュルヌ』とも呼ばれる。『雲』、『祭り』、『シレーヌ』の3曲からなる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内の夜想曲の言及

【ノクターン】より

…普通は静かで暝想的な性格の,夜を暗示する楽曲で,〈夜想曲〉と訳されることもある。ピアノ独奏用ノクターンは,1810年代にアイルランド出身のピアニスト,フィールドJohn Field(1782‐1837)が創始し,ショパンがその頂点を形づくったロマンティックな夜の気分を特徴とするキャラクター・ピースである。…

※「夜想曲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夜想曲の関連情報