コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夢嵩良真 むすう りょうしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

夢嵩良真 むすう-りょうしん

?-? 鎌倉時代の僧。
臨済(りんざい)宗。上野(こうずけ)(群馬県)長楽寺の一翁院豪の法をつぐ。無学祖元に師事,東福寺の無関玄悟のもとで典座となった。のち京都霊巌寺にしりぞいたが,西園寺実衡(さねひら)の帰依(きえ)をうけ霊鷲寺にまねかれた。陸奥(むつ)出身。別号に霊巌。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android