コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夢巌祖応 むがん そおう

2件 の用語解説(夢巌祖応の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

夢巌祖応 むがん-そおう

?-1374 南北朝時代の僧。
臨済(りんざい)宗。潜渓処謙の法をつぐ。郷里でながく門をとざしていたが,応安2=正平(しょうへい)24年東福寺住持としてまねかれた。中巌(ちゅうがん)円月とならび称される五山学芸僧で,語録のほか詩文集「旱霖(かんりん)集」がある。応安7=文中3年11月2日死去。出雲(いずも)(島根県)出身。諡号(しごう)は大智円応禅師

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

夢巌祖応
むがんそおう
(?―1374)

南北朝時代の臨済(りんざい)宗聖一(しょういち)派の僧。出雲(いずも)(島根県)の人。京都東福寺の潜渓処謙(せんけいしょけん)に師事し蔵主(ぞうす)に昇任したが、郷里に帰って門を閉じ、外学(げがく)に志し韜晦(とうかい)すること30年に及んだ。1369年(正平24・応安2)ふたたび京都に出て『孟子(もうし)』を講じ、同年10月東福寺40世に請(しょう)された。のち、潜渓の塔所本成(たっしょほんじょう)寺2世の塔主(たっす)となり、夢巌の講義を聞く者が門前にあふれたという。74年11月2日示寂。大智円応(だいちえんのう)禅師と諡(おくりな)された。門生に岐陽方秀(きようほうしゅう)、東漸健易(とうぜんけんえき)、惟肖得巌(いしょうとくがん)らの五山学芸僧が多数いる。語録『大智円応禅師語録』二巻、『旱霖(かんりん)集』一巻がある。[石川力山]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

夢巌祖応の関連キーワード心王月庵紹清顕円定山祖禅絶巌運奇檀渓心凉東伝士啓南堂良偕平山善均祐高

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone