コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潜渓処謙 せんけい しょけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

潜渓処謙 せんけい-しょけん

?-1330 鎌倉時代の僧。
臨済(りんざい)宗。武蔵(むさし)の人で,はじめ鎌倉円覚寺の無学祖元に,ついで京都東福寺の円爾(えんに)に師事し,その法をつぐ。筑前(ちくぜん)(福岡県)承天寺をへて京都の東福寺,南禅寺住持となる。後醍醐(ごだいご)天皇の帰依(きえ)をうけた。五山文学者。元徳2年5月2日死去。諡号(しごう)は普円国師

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

潜渓処謙の関連キーワード鎌倉時代夢巌祖応処謙臨済

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android