コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大中臣子老 おおなかとみの こおゆ

2件 の用語解説(大中臣子老の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大中臣子老 おおなかとみの-こおゆ

?-789 奈良時代の公卿(くぎょう),神職。
大中臣清麻呂の次男。神護景雲(じんごけいうん)2年中務少輔(なかつかさのしょう)となる。宝亀(ほうき)2年までに中臣から改姓し,3年伊勢神宮祭主,8年神祇(じんぎ)伯となる。天応元年参議。延暦(えんりゃく)3年長岡京の候補地を視察した。宮内卿(くないきょう),兵部(ひょうぶ)卿などを歴任。延暦8年1月25日死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大中臣子老

没年:延暦8.1.25(789.2.24)
生年:生年不詳
奈良時代の官僚。氏名は初め中臣。清麻呂の第2子。天平神護3(767)年に正六位上から従五位になり,中央,地方,神祇の官職を数多く歴任,延暦3(784)年5月には遷都のため長岡(向日市付近)の地を視察,7年11月宮内卿に,三たび任命された。死去のとき,参議宮内卿正四位下兼神祇伯。

(岩本次郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大中臣子老の関連キーワード公卿・供饗・公饗公卿給公卿僉議地下の公卿公卿の座公卿の間県犬養石次高倉福信多治比長野山背王

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone