コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大中臣子老 おおなかとみの こおゆ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大中臣子老 おおなかとみの-こおゆ

?-789 奈良時代の公卿(くぎょう),神職。
大中臣清麻呂の次男。神護景雲(じんごけいうん)2年中務少輔(なかつかさのしょう)となる。宝亀(ほうき)2年までに中臣から改姓し,3年伊勢神宮祭主,8年神祇(じんぎ)伯となる。天応元年参議。延暦(えんりゃく)3年長岡京の候補地を視察した。宮内卿(くないきょう),兵部(ひょうぶ)卿などを歴任。延暦8年1月25日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

大中臣子老

没年:延暦8.1.25(789.2.24)
生年:生年不詳
奈良時代の官僚。氏名は初め中臣。清麻呂の第2子。天平神護3(767)年に正六位上から従五位になり,中央,地方,神祇の官職を数多く歴任,延暦3(784)年5月には遷都のため長岡(向日市付近)の地を視察,7年11月宮内卿に,三たび任命された。死去のとき,参議宮内卿正四位下兼神祇伯。

(岩本次郎)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大中臣子老の関連キーワード大中臣清麻呂没年

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android