コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大久保喜市郎 おおくぼ きいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大久保喜市郎 おおくぼ-きいちろう

1668-1760 江戸時代中期の開拓者。
寛文8年9月15日生まれ。播磨(はりま)河高(こうたか)村(兵庫県滝野町)の庄屋享保(きょうほう)4年(1719)青野原(あおのがはら)の開発を出願し,8年幕府の許可をえて開墾を開始。天下溝とよばれる8kmの水路をつくり,新田開発に成功した。元文2年の検地では,新田は83町歩(約82ha)に達した。宝暦10年1月10日死去。93歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大久保喜市郎の関連キーワード開拓者

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android