コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大久保喜市郎 おおくぼ きいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大久保喜市郎 おおくぼ-きいちろう

1668-1760 江戸時代中期の開拓者。
寛文8年9月15日生まれ。播磨(はりま)河高(こうたか)村(兵庫県滝野町)の庄屋。享保(きょうほう)4年(1719)青野原(あおのがはら)の開発を出願し,8年幕府の許可をえて開墾を開始。天下溝とよばれる8kmの水路をつくり,新田開発に成功した。元文2年の検地では,新田は83町歩(約82ha)に達した。宝暦10年1月10日死去。93歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大久保喜市郎の関連キーワードニュートン(Sir Isaac Newton)ハモンドハモンドジョン・L.L.B. ハモンドオニビシオニビシの姉モリエール吉原(遊廓)山県周南ミッチェル

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone