コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大久保忠佐 おおくぼ ただすけ

2件 の用語解説(大久保忠佐の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大久保忠佐 おおくぼ-ただすけ

1537-1613 織豊-江戸時代前期の武将,大名。
天文(てんぶん)6年生まれ。大久保忠員(ただかず)の次男。徳川家康につかえ,三河(愛知県)の一向一揆(いっき)や,長篠(ながしの),長久手などの戦いで戦功をたてる。関ケ原の戦いのあと,駿河(するが)(静岡県)沼津城主となった。2万石。慶長18年9月27日死去。77歳。通称は弥八郎,治右衛門。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大久保忠佐

没年:慶長18.9.27(1613.11.9)
生年:天文6(1537)
安土桃山・江戸前期の大名。松平家譜代の家臣大久保忠員の次男。母は右大臣三条西公条の娘。通称弥八郎,のち治右衛門を称した。幼時から徳川家康に仕え,弘治1(1555)年の尾張蟹江城の戦,永禄6(1563)年の三河一向一揆との戦をはじめ,家康の主な戦闘にはほとんど従軍している。天正18(1590)年の家康関東移封にともない,上総国茂原・高師・木崎で5000石を与えられている。関ケ原の戦では徳川秀忠軍に属し,慶長6(1601)年,駿河沼津城2万石の大名となった。子どもがなく,弟の彦左衛門忠教を養子にしようとしたが断わられ,改易となった。

(小和田哲男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大久保忠佐の言及

【大久保彦左衛門】より

…江戸初期の旗本。通称平助,のち彦左衛門。初名忠雄のち忠教(ただたか)。16歳のとき徳川家康に仕え,諸合戦では長兄忠世に属し奮戦した。彦左衛門は終始,忠世・忠隣(ただちか)父子に従属し,一個の軍団を率いる部将ではなかった。関東入部後,忠隣の所領武蔵国埼玉郡2000石を知行。彦左衛門の人物については次の2例を示す。兄忠佐が無嗣のため沼津城2万石を彦左衛門に継がせようとしたところ,自身の軍功で得た領知でないからと辞退したという。…

※「大久保忠佐」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大久保忠佐の関連キーワード今城為親清韓文英岡島右近牧興相酒井貞月弘尊安土桃山時代譜代大名政常松平忠隆

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大久保忠佐の関連情報