コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大久保忠佐 おおくぼ ただすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大久保忠佐 おおくぼ-ただすけ

1537-1613 織豊-江戸時代前期の武将,大名。
天文(てんぶん)6年生まれ。大久保忠員(ただかず)の次男。徳川家康につかえ,三河(愛知県)の一向一揆(いっき)や,長篠(ながしの),長久手などの戦いで戦功をたてる。関ケ原の戦いのあと,駿河(するが)(静岡県)沼津城主となった。2万石。慶長18年9月27日死去。77歳。通称は弥八郎,治右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

大久保忠佐

没年:慶長18.9.27(1613.11.9)
生年:天文6(1537)
安土桃山・江戸前期の大名。松平家譜代の家臣大久保忠員の次男。母は右大臣三条西公条の娘。通称弥八郎,のち治右衛門を称した。幼時から徳川家康に仕え,弘治1(1555)年の尾張蟹江城の戦,永禄6(1563)年の三河一向一揆との戦をはじめ,家康の主な戦闘にはほとんど従軍している。天正18(1590)年の家康関東移封にともない,上総国茂原・高師・木崎で5000石を与えられている。関ケ原の戦では徳川秀忠軍に属し,慶長6(1601)年,駿河沼津城2万石の大名となった。子どもがなく,弟の彦左衛門忠教を養子にしようとしたが断わられ,改易となった。

(小和田哲男)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の大久保忠佐の言及

【大久保彦左衛門】より

…江戸初期の旗本。通称平助,のち彦左衛門。初名忠雄のち忠教(ただたか)。16歳のとき徳川家康に仕え,諸合戦では長兄忠世に属し奮戦した。彦左衛門は終始,忠世・忠隣(ただちか)父子に従属し,一個の軍団を率いる部将ではなかった。関東入部後,忠隣の所領武蔵国埼玉郡2000石を知行。彦左衛門の人物については次の2例を示す。兄忠佐が無嗣のため沼津城2万石を彦左衛門に継がせようとしたところ,自身の軍功で得た領知でないからと辞退したという。…

※「大久保忠佐」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大久保忠佐の関連キーワード阿部忠政二十八将沼津藩

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android