コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大久保湘南 おおくぼ しょうなん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大久保湘南 おおくぼ-しょうなん

1865-1908 明治時代の漢詩人。
慶応元年10月19日生まれ。円山溟北(めいほく)にまなぶ。内務省属官,函館日日新聞記者などをつとめる。明治37年上京して随鴎(ずいおう)吟社を創立し,漢詩文の添削指導をした。明治41年2月9日死去。44歳。佐渡(新潟県)出身。名は達。字(あざな)は雋吉(しゅんきち)。著作に「随鴎集」「湘南詩稿」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大久保湘南の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大久保湘南の関連情報