コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大久保狭南 おおくぼ きょうなん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大久保狭南 おおくぼ-きょうなん

1737-1810* 江戸時代中期-後期の儒者。
元文2年生まれ。幕臣徳川家斉につかえる。大内熊耳(ゆうじ)に師事し,江戸聖坂(ひじりざか)に居をかまえて郷土研究をおこなった。「むさし野八景」「狭南集」などの著作がある。文化6年12月21日死去。73歳。武蔵(むさし)多摩郡(東京郡)出身。名は忠休。字(あざな)は明夫。通称は五郎兵衛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大久保狭南の関連キーワード儒者

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android