コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大久保狭南 おおくぼ きょうなん

1件 の用語解説(大久保狭南の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大久保狭南 おおくぼ-きょうなん

1737-1810* 江戸時代中期-後期の儒者。
元文2年生まれ。幕臣。徳川家斉につかえる。大内熊耳(ゆうじ)に師事し,江戸聖坂(ひじりざか)に居をかまえて郷土研究をおこなった。「むさし野八景」「狭南集」などの著作がある。文化6年12月21日死去。73歳。武蔵(むさし)多摩郡(東京郡)出身。名は忠休。字(あざな)は明夫。通称は五郎兵衛。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大久保狭南の関連キーワード津田玄仙植村文楽軒神谷源内植村文楽軒小金井桜地方創生安積澹泊ガルバーニ関羽ギボン

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone