コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大内熊耳 おおうちゆうじ

3件 の用語解説(大内熊耳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大内熊耳
おおうちゆうじ

[生]元禄10(1697)
[没]安永5(1776).4.28. 江戸
江戸時代中期の古学派の儒学者。陸奥三春の人。荻生徂徠服部南郭に学ぶ。肥前唐津藩儒官。著書『家世遺聞』『熊耳文集』。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大内熊耳 おおうち-ゆうじ

1697-1776 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)10年生まれ。百済(くだら)(朝鮮)王室の後裔といわれ,姓を余ともする。秋元澹園(たんえん),荻生徂徠(おぎゅう-そらい)にまなぶ。京都,長崎に遊学して,江戸にもどり服部南郭に指導をうけた。のちに肥前唐津(からつ)藩(佐賀県)の藩儒となった。安永5年4月28日死去。80歳。陸奥(むつ)田村郡(福島県)出身。名は承裕。字(あざな)は子綽。通称は忠太夫。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大内熊耳

没年:安永5.4.28(1776.6.14)
生年:元禄10(1697)
江戸時代中期の漢学者。陸奥国(福島県)三春の人。名は承裕,字は子綽,通称は忠太夫。熊耳と号す。百済王族の後裔の出ということで余氏を名乗る。父弥五右衛門は熊耳村の村長であった。17歳で江戸に出て,秋元澹園に師事。その後,上方を経て九州に至り,長崎に遊ぶ。ここで中国明代古文辞学の代表ともいうべき『李滄溟集』を見て,自らの文章を磨いた。長崎に居ること10年余り,江戸に戻り,肥前(佐賀県)唐津藩の儒員となる。文名は高く,当時の代表的文人として重きをなした。書家としても知られたという。<著作>『熊耳先生文集』

(高橋昌彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大内熊耳の関連キーワード平野金華竹川政辰横谷友信大橋重雅緒方蘭皐清水利政末包金陵丹羽雲気古屋蜂城森義豊

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone