コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大仏高直 おさらぎ たかなお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大仏高直 おさらぎ-たかなお

?-1334 鎌倉時代の武将。
大仏(北条)維貞(これさだ)の子。正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年,河内(かわち)(大阪府)金剛山千早城の楠木正成軍を包囲した幕府軍の大将のひとり。幕府の滅亡で包囲を解き奈良にしりぞく。のち降伏し,建武(けんむ)元年京都東山で処刑された。通称は陸奥右馬助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

大仏高直

没年:建武1.3.21(1334.4.25)
生年:生年不詳
鎌倉末期の武士。北条氏の一族・大仏維貞の子。陸奥右馬助と号した。ただし,『尊卑分脈』などの系図類には高直の名はみえない。また,『太平記』にも高直の名はみえず,「大仏右馬助貞直」として出てくる人物が高直に当たるらしい。元弘3(1333)年,鎌倉幕府軍の3人の大将のひとりとして,楠木正成の籠る河内・金剛山を攻撃。しかし,幕府滅亡により他の2人の大将と共に奈良にて出家,捕らえられる。建武1(1334)年,京都の東山・阿弥陀ケ峰にて処刑された。

(高橋慎一朗)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大仏高直の関連キーワード北条高直鎌倉時代

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android