コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大休慧昉 だいきゅう えぼう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大休慧昉 だいきゅう-えぼう

1715-1774 江戸時代中期の僧。
正徳(しょうとく)5年生まれ。臨済(りんざい)宗。東福寺象海恵湛(ぞうかい-えたん)の侍者となり,ときに茫然自失となるところから夢中侍者といわれた。のち白隠慧鶴(はくいん-えかく)の印可をうけ,備中(びっちゅう)(岡山県)宝福寺の逸堂恵光の法をついだ。安永3年6月3日死去。60歳。山城(京都府)出身。俗姓は谷口。諡号(しごう)は大悲妙行禅師。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大休慧昉の関連キーワード正徳

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android