象海恵湛(読み)ぞうかい えたん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

象海恵湛 ぞうかい-えたん

1682-1733 江戸時代中期の僧。
天和(てんな)2年生まれ。臨済(りんざい)宗。備中(びっちゅう)(岡山県)宝福寺の立岩慧久について出家,同寺の鉄堂慧石の法をつぎ,宝永6年住持となる。のち京都の東福寺,南禅寺にまねかれ教法をひろめた。享保(きょうほう)18年7月12日死去。52歳。讃岐(さぬき)(香川県)出身。俗姓米谷諡号(しごう)は仏眼大観禅師。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android