コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大伴古慈斐 おおともの こしび

2件 の用語解説(大伴古慈斐の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大伴古慈斐 おおともの-こしび

695-777 奈良時代の公卿(くぎょう)。
持統天皇9年生まれ。妻は藤原不比等(ふひと)の娘。天平勝宝(てんぴょうしょうほう)8年出雲守(いずものかみ)のとき朝廷を誹謗(ひぼう)したとされて衛士府(えじふ)にとじこめられ,3日後放免された。9年橘奈良麻呂(たちばなの-ならまろ)の変に連座して土佐(高知県)に流罪となる。宝亀(ほうき)元年従四位上に復位し,大和守。のち従三位。宝亀8年8月19日死去。83歳。名は古慈備,祜信備,祜志備ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

おおとものこじひ【大伴古慈斐】

695‐777(持統9‐宝亀8)
奈良時代の官人。〈こしび〉とも読む。746年(天平18)任国河内国から白亀1頭を得て献上。756年出雲守在任中に朝廷を誹謗(ひぼう)した罪により淡海三船(おうみのみふね)とともに左右衛士府に拘禁されたが,3日後に許された。757年(天平宝字1)土佐守在任中に橘奈良麻呂の陰謀に座し,任国土佐に流された。770年(宝亀1)大和守。《万葉集》の題詞,左注にその名が見える。【川口 常孝

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大伴古慈斐の関連キーワード公卿・供饗・公饗公卿給公卿僉議地下の公卿公卿の座公卿の間県犬養石次多治比長野藤原家依山背王

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大伴古慈斐の関連情報