コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衛士府 エジフ

百科事典マイペディアの解説

衛士府【えじふ】

衛府

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えじふ【衛士府】

日本古代,律令制の中央軍事組織である五衛府のうちの左右衛士府。701年(大宝1)ごろ成立,養老令の規定では督,佐,大尉,少尉,大志,少志などの官人および衛士が所属していた。衛士の数は令に規定なく,741年(天平13)には定数のほかに左右各400人を加え,805年(延暦24)には左右各600人を500人に減じている。おもな職務は,衛士を管理統率し,宮城内の宮門(中門)などを警衛し,諸所を巡検することであり,また京中の夜間の巡回,行幸時の武器設営,天皇出入のさいの警固,在京の死囚決罰のさいの監視などのことも令に規定されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

えじふ【衛士府】

律令制で、衛士を統率して、宮中の警護、行幸の護衛にあたった官府。左・右二府よりなる。811年に左・右衛門府と改称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

衛士府
えじふ

五衛府の一つ。左右衛士府に分かれている。奈良時代の親衛軍組織。左右衛士府それぞれが、督(かみ)1人、佐(すけ)1人、大尉(だいじょう)2人、少尉2人、大志(だいさかん)2人、少志2人、医師2人、使部(しぶ)60人、直丁(じきちょう)3人、および衛士・火頭(かとう)(衛士の炊事役)が総数で約3000配備されていた。衛士数は奈良時代の経過のなかで減少、805年(延暦24)には左右衛士府衛士が各600から500に、衛門府衛士が400から300となり、弘仁(こうにん)年間(810~824)には総数が1000~1200前後になった。衛士府の設置は大宝律令(りつりょう)(701)以降。徴発された衛士は畿内(きない)、西海道、三関国を除く、おもに東国、出雲(いずも)、吉備(きび)地域の出身であった。811年(弘仁2)左右衛門府と称され、衛士府の名称は消滅する。[野田嶺志]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の衛士府の言及

【衛府】より

…中国では魏・晋のころから発達し,唐では天子十六衛,東宮十率府があった。日本では大化改新後,中国にならって制度が整備され,旧来の舎人(とねり)の伝統をうけつぐ兵衛,衛士をひきいる左右衛士府,衛士と旧来の靫負(ゆげい)の伝統をうけつぐ門部とからなる衛門府などがあいついで生まれ,701年(大宝1)までに衛門府,左右衛士府,左右兵衛府からなる令制の五衛府が成立した。五衛府の兵力の主体は農民出身の衛士であるが,宮内の宿直,閤門(内門)の守衛など重要な職務は,地方豪族,下級官人層出身の兵衛が担当した。…

※「衛士府」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

衛士府の関連キーワード平安時代(年表)文祢麻呂墓誌大伴古慈斐左衛士府文禰麻呂大伴室屋右衛門府小野東人兵衛府近衛府三衛府官府舎人宮中四衛

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android