コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

何時 イツ

6件 の用語解説(何時の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いつ【何時】

[代]不定称の指示代名詞。
時に関して、不定・疑問の意を表す。「何時いかなる時も」「何時来るのだろう」
いつもの時。平常。「何時の年よりも初雪が降るのが早かった」

なん‐じ【何時】

時刻が不明の場合、また、時刻を特定しない場合に用いる語。なんどき。「何時に出発しようか」「何時でもいいから電話をください」

なん‐どき【何時】

《「なにとき」の音変化》いつ。どのとき。「今、何時ですか」「何時病気になるとも限らない」「いつ何時必要になるかもわからない」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いつ【何時】

( 代 )
不定称の指示代名詞。不定の時を表す。物事の行われたとき、あるいは行われるときがわからなかったり、はっきりしなかったりすることを表す。 「 -できるか」 「今月の-がいいか」 「 -になったら晴れるのか」
いつものとき。普段。 「 -の年よりも雨が少ない」 「 -になく沈んだようす」

なんじ【何時】

時刻が不明のときに用いる語。いくじ。いつのとき。 「授業は-に始まるか」

なんどき【何時】

(多く「いつ何時」の形で)どのような時。どんな折。副詞的にも用いる。いつ。 「いつ-事故に遭うかわからない」
「何時なんじ」の古い言い方。 「いま-だい」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

何時の関連情報