コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大伴宿奈麻呂 おおともの すくなまろ

3件 の用語解説(大伴宿奈麻呂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大伴宿奈麻呂 おおともの-すくなまろ

?-? 飛鳥(あすか)-奈良時代の官吏。
大伴安麻呂の子。大伴田村大嬢(おおいらつめ),大伴坂上大嬢の父。和銅元年(708)従五位下をさずけられ,のち左衛士督(さえじのかみ),按察使(あぜち)となる。神亀(じんき)元年従四位下にすすんだ。「万葉集」に短歌2首がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大伴宿奈麻呂

生年:生没年不詳
奈良初期の官人。壬申の乱(672)で活躍した大納言安麻呂の第3子。旅人の弟。田村大嬢,坂上大嬢の父。若いころ,大津皇子の宮の侍女からの贈歌が『万葉集』にみえる。和銅1(708)年従五位下に昇り,5年従五位上に。霊亀1(715)年には左衛士督に任じた。養老1(717)年正五位下に進み,3年按察使設置の際備後守で按察使となり,安芸(広島県),周防(山口県)の2国をも管した。4年正五位上,さらに神亀1(724)年従四位下に昇叙した。田村大嬢の万葉歌(巻4,759番)の左注によって,右大弁にまでなり,田村里に住んだことが知られる。自作の歌も『万葉集』に載る。

(佐藤信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おおとものすくなまろ【大伴宿奈麻呂】

奈良時代の官人。生没年不詳。708年(和銅1)従五位に叙せられ,左衛士督,備後守,備後・安芸・周防按察使,右大弁等を歴任,724年(神亀1)従四位下に叙せられた。《万葉集》によると安麻呂の第3子,田村大嬢(おおいらつめ)・坂上大嬢の父で,田村の里に住んだという。《万葉集》巻四に作歌2首があり,また巻二には,大津皇子の宮の侍の石川女郎(いらつめ)が宿奈麻呂に贈った歌がある。【笹山 晴生】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大伴宿奈麻呂の関連キーワード壬申の乱阿倍御主人朴井雄君大伴馬来田多品治高田新家田中足麻呂調淡海若桜部五百瀬和珥部君手

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone