コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大佐和 おおさわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大佐和
おおさわ

千葉県南西部,富津市の一地区。旧町名。 1971年富津,天羽 (あまは) の2町と合体して富津市となる。房総半島の西岸浦賀水道にのぞむ。早くから蔬菜園芸と高級魚介類の生産で知られる。海岸は海水浴場として利用され,布引ヶ浜は,歌枕の名所で,観光地。東京湾観音のある磯根岬は景勝地で,一帯の湾岸地域は南房総国定公園に属する。佐貫鹿野山の観光拠点。小久保の弁天山古墳は史跡に指定。 JR内房線と国道 127号線が通る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大佐和の関連キーワード富津(市)富津[市]三島ダム

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android