コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿野山 かのうざん

8件 の用語解説(鹿野山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鹿野山
かのうざん

千葉県南西部,君津,富津両市の境にある山。標高 379m。鬼泪 (きなだ) 山に連なり,清澄山と同じく上総一の霊場。山頂は平坦で神野 (じんや) 寺とその門前町があり,東京湾や九十九谷の奇観が展望される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かのう‐ざん【鹿野山】

千葉県南部、君津市と富津市の境にある山。標高379メートル神野寺(じんやじ)がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鹿野山【かのうざん】

千葉県房総半島の中部西寄りにある山。標高379m。成田層群の砂層からなり,北側は緩斜面,南側は急斜面をなす。山上の神野(じんや)寺は京浜に及ぶ広い信仰圏をもつ真言宗の名寺。
→関連項目富津[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

かのうざん【鹿野山】

千葉の日本酒。酒名は、地元の霊山「鹿野山」に由来。大吟醸酒純米吟醸酒、吟醸酒、本醸造酒がある。平成3、5、13、14年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦など。仕込み水房総丘陵の伏流水。蔵元の「和蔵酒造」は江戸末期創業。所在地は富津市竹岡。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かのうざん【鹿野山】

千葉県中部,君津市と富津市の境界にある山。〈かのさん〉ともいう。標高380m。房総三山の一つで,房総丘陵の西端を占め,山頂からの九十九谷の眺望はすばらしい。南房総国定公園に属し,山頂に聖徳太子の創建という神野(じんや)寺と日本武尊を祭る白鳥神社がある。神野寺の本堂は五間四面,入母屋造で県文化財宝物殿の表門は室町後期の建築で国の重要文化財。近世に江戸からの参詣者が多く,登山口は木更津港であった。山上に鹿野山宿(上宿,下宿)があり,安房・上総両国を結ぶ街道の宿場町でもあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かのうざん【鹿野山】

〔「かのさん」とも〕 千葉県南部、君津市と富津市の境にある山。海抜379メートル。山中に神野寺じんやじがある。山頂の三角点と東京麻布の旧天文台跡の一等三角点を結ぶ方向は日本の基準方位をなす。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔千葉県〕鹿野山(かのうざん)


千葉県南部、房総(ぼうそう)丘陵北西部に位置する丘陵性の山。全体に標高300m超のほぼ平坦な高原状で、東端の白鳥(しらとり)神社裏手の丘が標高379m、西端の春日(かすが)神社裏手の測地観測所が置かれた丘が標高352mで、その間の平坦部に神野(じんや)寺がある。全体に北になだらかに傾斜し南斜面は急傾斜するケスタ状の地形で、南側には九十九谷(くじゅうくたに)とよばれる深い浸食谷が発達する。房総観光の一拠点で、南西約2kmの山腹にマザー牧場がある。南房総国定公園に含まれる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鹿野山
かのうざん

千葉県南部、君津市と富津(ふっつ)市との境、房総(ぼうそう)丘陵上にある山。標高379メートルで低いが、南東部では侵食が進んで急傾斜をなし、九十九谷(くじゅうくたに)の景勝地を形成する。山腹西側には鬼泪(きなだ)山の国有林、県有林が広がり、スギやヒノキのみごとな造林がみられる。山頂付近に聖徳太子創建と伝える神野寺(じんやじ)があり、近くに観光牧場のマザー牧場やゴルフ場、別荘地が開発され、南房総の観光レクリエーション拠点をなす。南房総国定公園に含まれる。JR内房線佐貫(さぬき)町駅からバス30分。[山村順次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鹿野山の言及

【鹿野山】より

…近世に江戸からの参詣者が多く,登山口は木更津港であった。山上に鹿野山宿(上宿,下宿)があり,安房・上総両国を結ぶ街道の宿場町でもあった。また白鳥神社のはしご獅子舞(花嫁祭)は古くから有名。…

※「鹿野山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鹿野山の関連キーワード千葉県富津市新井千葉県富津市絹千葉県君津市君津千葉県君津市笹千葉県富津市新富千葉県富津市萩生千葉県君津市人見千葉県富津市富津千葉県富津市湊千葉県富津市八幡

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鹿野山の関連情報