弁天山古墳(読み)べんてんやまこふん

国指定史跡ガイドの解説

べんてんやまこふん【弁天山古墳】


千葉県富津(ふっつ)市小久保にある前方後円墳。房総半島の南西部、岩瀬川と小久保川が合流する河口近くの低台地上にある。主軸全長約87.5m、周囲の地形などから盾形(たてがた)の大型周濠があったと推定される。内部主体は、後円部中央の竪穴(たてあな)式石室で、房州産磯石を四壁に積み、その上に切り石の天井石2枚と大型の磯石があり、底には玉砂利を敷いていた。石室の全長は約4.9m、石室の天井石に縄掛(なわかけ)突起の板石1枚がみられ、奈良県下以外では珍しいことから、1929年(昭和4)に国の史跡に指定された。遺物は短甲や鉄剣、鉄鏃(てつぞく)などの破片と、円筒形埴輪(はにわ)が多数出土。これらの遺物から、古墳の築造時期は5世紀後半と考えられている。現在、墳丘は復元され、石室は覆屋を設けて保存されている。JR内房線大貫駅から徒歩約20分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android