コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大内椀 おおうちわん

防府市歴史用語集の解説

大内椀

 大内氏が室町時代に朝鮮半島や中国に輸出していた漆ぬりの器のことです。絵柄の中に大内氏の紋が入っているので、このように呼ばれます。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

百科事典マイペディアの解説

大内椀【おおうちわん】

山口の毛利家に伝わる類で,かつて大内氏が山口城にいたころのもののほか,同種のものを一般に大内椀と呼ぶ。飯椀,汁椀,平椀,坪の4種があり,総弁柄(べんがら)塗に黒漆で雲形,黄漆で枝菊を描き,金箔(きんぱく)を張ったもの。大内塗は大内義隆の奨励によるといわれ,明治初年に近藤清石の指導により,岩本梅吉が古作を模造して復興し現在に及ぶ。
→関連項目漆器

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の大内椀の言及

【漆絵】より

…また中世までの漆絵は朱やべんがら一色だが,近世になると色彩豊かな明製の漆器や流行し始めた密陀絵の影響で,彩漆の漆絵が創作される。一方,中世からの漆絵椀の伝統は新たに勃興した漆器産地に受け継がれ,滋賀の南部椀,会津椀,吉野椀,滋賀の日野椀や朽木盆,山口の大内椀など,特徴ある食器類が生産された。明治時代には柴田是真などが漆絵を芸術的に高めた。…

※「大内椀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android