コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大内塗 おおうちぬり

4件 の用語解説(大内塗の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大内塗
おおうちぬり

山口市で産する漆器。椀や盆の下地をうるみ塗 (褐色の塗) とし,黄,緑の彩漆 (いろうるし) で草花文様を描き,余白に菱形 (大内氏の紋形) の切箔を張ったもの。室町時代大内義隆の奨励によると伝えられるが,一時中断,江戸時代末期に岩本梅之進が復興し,現在も生産されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

大内塗

誕生は大内文化が栄えた室町時代。「大内朱」と呼ばれる朱色や大内家の家紋を模して金箔(きんぱく)であしらった「大内菱(おおうちびし)」、秋草文様が大内塗の特徴。24代の大内弘世が故郷の京都を恋しがる新妻を慰めようと京から職人を呼び寄せ、屋敷を人形でいっぱいにしたという逸話が残る。これが男女一対の人形誕生のもとになったと伝わるが、現在の大内人形の形は戦後形作られたもの。

(2006-04-19 朝日新聞 朝刊 山口 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おおうち‐ぬり〔おほうち‐〕【大内塗】

山口県に産する漆器。椀(わん)および盆が主で、ベンガラ塗りに黄緑の彩漆(いろうるし)で秋草を描き、菱形(ひしがた)の切り箔(はく)をはったもの。大内義隆の奨励によって始められたといわれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おおうちぬり【大内塗】

山口市で産する主に椀・盆などの漆器。潤うるみ塗りで仕上げた地に色漆で文様を描き、菱形の切箔きりはくをはったもの。大内義隆が奨励したものという。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大内塗の言及

【椀】より

…変(かわり)塗の一種),吉野塗(奈良県吉野地方の産。吉野絵,吉野彫,吉野根来,吉野春慶など),黒江塗(和歌山県海南市の産),大内塗(山口県山口市の産。大内椀は毛利家に伝えられ,漆絵に金箔を施す),日野椀(滋賀県蒲生郡の産)などが良質な椀として知られている。…

※「大内塗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大内塗の関連キーワード大内大内山大内方大内刈り・大内刈・大内苅り・大内苅大内桐大内人一が栄える大内刈大内市大内持盛

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大内塗の関連情報