コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大内青圃 おおうち せいほ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大内青圃 おおうち-せいほ

1898-1981 大正-昭和時代の彫刻家。
明治31年12月12日生まれ。大内青巒(せいらん)の5男。大正13年再興院展に初入選,昭和35年文部大臣賞。38年芸術院賞,44年芸術院会員。一貫して仏教彫刻を制作した。昭和56年2月21日死去。82歳。東京出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。本名は正。作品に「多羅菩薩」「十一面観音像」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大内青圃の関連キーワード昭和時代彫刻家

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android