コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多羅菩薩 たらぼさつTārā

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多羅菩薩
たらぼさつ
Tārā

多羅 (尊) 観音ともいい,三十三観音の一つ。観世音菩薩の涙から生じたとされる。ターラー Tārāはもとはインド神話の女神で,ブリハスパティ (→ブラフマナスパティ ) の妻であったが,仏教に守護神として取入れられ,密教特にチベット,ネパールモンゴルなどで広く信仰された。インドではパーラ朝 (8~12世紀) に多数の彫像が造られた。図像は多様であるが,胎蔵界曼荼羅では蓮華部の部母とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たら‐ぼさつ【多羅菩薩】

《〈梵〉Tārāの音写。きらめくものの意》胎蔵界観音院の一尊。観世音菩薩の目の光から生じたといわれ、女性の姿をし、合掌した手に青い蓮華(れんげ)の花を持つほか、種々に表される。多羅尊観音

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たらぼさつ【多羅菩薩】

〘仏〙 〔「多羅」は Tārā の音訳。眼睛がんせい・救度の意〕 観音の眼から生じたとも、眼から放たれた光より生じたともいう。胎蔵界観音院の一尊で、女形。三十三観音の一。多羅観音。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

多羅菩薩の関連キーワードナーランダ遺跡大内青圃音訳多羅