コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大北作次郎 おおきた さくじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大北作次郎 おおきた-さくじろう

1843-1901 明治時代の政治家。
天保(てんぽう)14年10月26日生まれ。大和(奈良県)の人。明治14年奈良県を併合した大阪府の府会議員となり,奈良県再設置のために尽力。のち奈良県会議員をへて,27年衆議院議員(進歩党)。土倉(どくら)庄三郎らと,伊勢(いせ)街道の宇野峠など吉野地方の道路改修につくした。明治34年1月26日死去。59歳。号は桂峯。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大北作次郎の関連キーワード明治時代天保

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android