大口預金金利(読み)おおぐちよきんきんり(英語表記)large lot deposit rate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大口預金金利
おおぐちよきんきんり
large lot deposit rate

CD (譲渡性預金) ,MMC (市場金利連動型預金) ,大口定期預金などの金利。 MMCの金利は大口定期預金の平均発行レートに連動して週ごとに決定され,大口定期預金金利は CDレートなどの短期市場金利を参考に,金融機関と顧客との相対で決定される。 88年4月以降,CDの最低預け入れ金額は 5000万円,期間を2週間から2年とし,発行枠は撤廃された。大口定期預金については,1985年 10月に預け入れ金額 10億円以上の預金金利が自由化され,それ以後最低預け入れ金額は漸次引き下げられて,91年 11月以降 300万円以上となった。また定期預金は,93年6月に完全自由化され,流動性預金金利も 94年 10月に自由化された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android