コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有機水銀剤 ユウキスイギンザイ

3件 の用語解説(有機水銀剤の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ゆうきすいぎん‐ざい〔イウキスイギン‐〕【有機水銀剤】

炭素水銀とが直接結合している化合物を主体とする薬剤。農薬・殺虫剤・殺菌剤・消毒剤などに用いられるが、人畜に対しても毒性が強いため、使用禁止となったものが多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうきすいぎんざい【有機水銀剤】

1915年ころから開発された水銀を含む有機殺菌剤で,初めは種子殺菌剤として用いられていた。日本では,この種の薬剤が稲作の重要病害であるいもち病に著効を示すことから,第2次大戦後,散布用抗いもち剤として広範に用いられるようになった。しかし有機水銀剤は化学的に安定で,その残留性が問題となり,新しい非水銀系の抗いもち剤の開発によって,68年には,他薬剤に切りかえられるに至った。有機水銀剤として開発,使用されていた薬剤には,酢酸フェニル水銀(PMA),塩化メトキシエチレン水銀(MMC),塩化フェニル水銀(PMC)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ゆうきすいぎんざい【有機水銀剤】

水銀原子が直接、炭素原子と結合している有機化合物からなる医薬・農薬・防腐剤の総称。広く使われたが、その毒性のため多くのものは現在では使用されていない。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

有機水銀剤の関連キーワード水銀水銀法植木鉢南蛮絞り砒石メチル水銀山鳥の竈元有機水銀水俣のメチル水銀汚染

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone