大和柿(読み)ヤマトガキ

精選版 日本国語大辞典の解説

やまと‐がき【大和柿】

〘名〙
① 植物「ごしょがき(御所柿)」の異名。
※虎明本狂言・三国の百姓(室町末‐近世初)「皆人の、やまと柿とてめさるれどとかきますかきうみの水がき」
② 染色の一種。①に似た赤黄色、または赤茶色。柿色。
※洒落本・仕懸文庫(1791)二「たんごちりめんのやまとがきのひとへもの紋所ききゃうこれはとめ袖ひぢりめんの長襦袢」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android