コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長襦袢

デジタル大辞泉プラスの解説

長襦袢

古典落語の演目のひとつ。二代目三遊亭金馬が演じた。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

百科事典マイペディアの解説

長襦袢【ながじゅばん】

和服用の下着の一種。男女とも長着の下に重ねて着用するもの。長着の汚れをふせぎ,保温の役目もする。冬は(あわせ),春秋は単(ひとえ),夏は特に絽(ろ),麻,紋紗(しゃ)などの単を用いるが,最近では秋冬春を通して単を着る人が多い。
→関連項目襦袢

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長襦袢
ながじゅばん

長着と肌襦袢との間に着る和服下着の一種。長襦袢は、下に着用する下着の形を整え、長着を着やすくし、すっきりとした美しい線を出す役目をもっている。身丈は対丈(ついたけ)で、袖(そで)は袖口の広い広袖。女物には振り、男物には人形(にんぎょう)がある。単(ひとえ)長襦袢は夏に用い、布地は絽(ろ)、麻などを用いる。袷(あわせ)長襦袢は袷長着の下に、また厚手ウール地の長着の下に用いる。女物の表の布地は綸子(りんず)、綸子縮緬(ちりめん)、紋羽二重(もんはぶたえ)、羽二重、モスリンなど、裏の布地は羽二重、新モスなどを用いる。男物の布地は表裏ともに羽二重を用いる。袷長襦袢の袖は無双袖、裾(すそ)は引返し裾に仕立てる。裾の仕立て方は女物と男物とでは異なり、女物の裾は袷長着と同様に裾(ふき)を出すが、男物の裾は裾山より引き返し、裾布を身頃(みごろ)の裏へ折り返し、輪のまま仕立てる。近年、女子の袷用長襦袢は、袷仕立てと単仕立てとの折衷方式をとっており、袖は無双袖、裾は引返し裾とし、胴を単仕立てにするようになってきている。これは、かさばりをなくすこと、仕立ての簡易化、胴裏の倹約などへの対応とによる。男物の長襦袢の布地は並幅物もあるが、主として広幅物で、背面に能面などの凝った絵模様があり、背に縫い目をつけない。女物の長襦袢には絵羽づけをしたものもあるが、一般には柄模様で、長着の色にあわせて、ややはでなものを選ぶ。喪服用のものは白を用いる。衿(えり)は別衿仕立てと上衿付けとがある。男物は狭衿に、女物はばち衿式にする。長襦袢の衿は半衿をかけて着用する。女子は白、男子は茶、ねずみ、紺、黒などの色物を用いる。[藤本やす]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

長襦袢の関連キーワード伊達巻(和装小物)長ジバン・長襦袢万歳(まんざい)伊達巻(衣服)京鹿の子絞橋口 五葉古典落語伊予万歳基礎縫いモスリン橋口五葉蹴返す祝い着緋縮緬蹴出す墨流し手古舞富士絹蹴出し喪服

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長襦袢の関連情報