コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大坂屋長右衛門 おおさかや ちょうえもん

1件 の用語解説(大坂屋長右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大坂屋長右衛門 おおさかや-ちょうえもん

?-1679 江戸時代前期の商人,開拓者。
豊臣秀頼につかえ,大坂城落城ののち江戸小舟町で商人となる。駿河(するが)(静岡県)御殿場の豪農小宮山清左衛門の依頼で寛文7年同地の開発計画をたて,東山湖をつくり,田畑合計46ha余を開発した。延宝7年死去。姓は中村。名は正俊。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大坂屋長右衛門の関連キーワード一木権兵衛松意高政越後騒動雑喉場在日米軍の軍属白井権八人身保護律ステーン平井権八

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone