コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大坂屋長右衛門 おおさかや ちょうえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大坂屋長右衛門 おおさかや-ちょうえもん

?-1679 江戸時代前期の商人,開拓者。
豊臣秀頼につかえ,大坂城落城ののち江戸小舟町で商人となる。駿河(するが)(静岡県)御殿場の豪農小宮山清左衛門の依頼で寛文7年同地の開発計画をたて,東山湖をつくり,田畑合計46ha余を開発した。延宝7年死去。姓は中村。名は正俊

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大坂屋長右衛門の関連キーワード豊臣秀頼開拓者

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android