コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大場白水郎

美術人名辞典の解説

大場白水郎

俳人・会社員。本名惣太郎、号は白水郎縷紅亭。東京都生。慶大在学中、三田俳句会で岡本癖三酔と知り合い、指導を受けるようになる。『藻の花』『初蝉』『俳諧雑誌』に関係し、『春泥』を主宰した。著書に『藻の花集』『白水郎句集』等がある。昭和37年(1962)歿。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大場白水郎 おおば-はくすいろう

1890-1962 大正-昭和時代の俳人。
明治23年1月19日生まれ。久保田万太郎の勧めで俳句をはじめる。籾山梓月(もみやま-しげつ)らの影響をうけ「俳諧(はいかい)雑誌」「椿」「春蘭」などに作品を発表,選句も担当した。昭和37年10月10日死去。72歳。東京出身。慶応義塾卒。本名は惣太郎。別号に縷紅亭(るこうてい)。句集に「縷紅抄」「早春」「散木集」など。
【格言など】甲斐の空へ黙祷おくる秋深き(飯田蛇笏への悼句)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大場白水郎の関連キーワード鈴木 真砂女稲垣 きくの鈴木真砂女稲垣きくの

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android