春蘭(読み)シュンラン

  • 春×蘭
  • 春蘭 (シュンラン・ホクロ)

大辞林 第三版の解説

ラン科の常緑多年草。雑木林などに自生。葉は線形。早春、高さ10センチメートル 余りの花茎上に斑点のある淡緑色の地味な花を一個つける。花は料理のつまにし、また塩漬けにしたものを湯に浮かべて飲む。観賞用に栽培され、園芸品種が多い。ホクロ。ジジババ。 [季] 春。 -に松の落葉の深々と /川端竜子

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

学名:Cymbidium goeringii
植物。ラン科の常緑多年草,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 ラン科の常緑多年草。各地の乾いた山野に生え、観賞用に栽培もされる。高さ約二〇センチメートル。ひげ根は太く白い肉質で地中を横にはう。葉は長さ二〇~五〇センチメートルの広線形、先はとがって垂下し、縁は細い鋸歯(きょし)状。早春、葉間から花茎を出し、頂に紅紫色の斑点のある淡黄緑色の花が通常一個咲く。花は塩漬けにし湯に入れて飲用する。漢名は春蘭だが、真の春蘭は、支那春蘭(漢名、香)と呼ばれる香気のあるものをさす。ほくろ。《季・春》
※俳諧・手挑灯(1745)中「三月〈略〉春蘭(シュンラン)の花」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特任教授

大学・研究機関で特定有期雇用教員について、便宜上「教授」などの名を付したもの。外部研究資金によるプロジェクト等により、講座を開いたり学生の指導をしたりなど、特別の必要があるとき、期間を限って教員を特別...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

春蘭の関連情報