コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春蘭(読み)シュンラン

デジタル大辞泉の解説

しゅん‐らん【春×蘭】

ラン科の多年草山野に自生し、高さ約20センチ。暗緑色の細長い葉が束生する。早春、淡黄緑色で紅紫色の斑点のある花を1個開く。観賞用に栽培。花を塩漬けにして桜湯のように用いる。ほくろ 春》「―の花とりすつる雲の中/蛇笏
[補説]中国でいう春別種

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅんらん【春蘭】

ラン科の常緑多年草。雑木林などに自生。葉は線形。早春、高さ10センチメートル 余りの花茎上に斑点のある淡緑色の地味な花を一個つける。花は料理のつまにし、また塩漬けにしたものを湯に浮かべて飲む。観賞用に栽培され、園芸品種が多い。ホクロ。ジジババ。 [季] 春。 《 -に松の落葉の深々と /川端竜子 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

春蘭 (シュンラン・ホクロ)

学名:Cymbidium goeringii
植物。ラン科の常緑多年草,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

春蘭の関連情報