コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大塚松処 おおつか しょうしょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大塚松処 おおつか-しょうしょ

1707-1801 江戸時代中期の儒者。
宝永4年生まれ。大塚師政(もろまさ)の子。肥前佐賀藩につかえ,六韜(りくとう)流と柳生流の剣術の印可をうける。中年より儒学や詩文を実松元林や大潮元皓(だいちょう-げんこう)にまなび,世子(せいし)鍋島治茂(なべしま-はるしげ)の師範役をつとめた。享和元年10月13日死去。95歳。名は倫,道恒。字(あざな)は子和。通称は良左衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大塚松処の関連キーワード大塚克忠

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android