コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大塚精斎 おおつか せいさい

1件 の用語解説(大塚精斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大塚精斎 おおつか-せいさい

1729-1808* 江戸時代中期-後期の儒者。
享保(きょうほう)14年8月30日生まれ。日向(ひゅうが)(宮崎県)高鍋(たかなべ)藩士。はじめ京都で久米訂斎(ていさい),ついで江戸で宇井黙斎(もくさい)らにまなぶ。安永7年藩校明倫堂師範,のち勘定奉行,大坂留守居役もつとめた。文化4年12月28日死去。79歳。名は氏慎。通称は七郎次。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大塚精斎の関連キーワード1808年5月3日ゴヤ(年譜)淡輪元潜上田秋成検察ブルボン朝小松基地騒音公害訴訟青森大の中国人による偽装留学問題エカチェリーナ小野蘭山

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone