コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大宇(テウ)財閥巨額粉飾事件判決 てうざいばつきょがくふんしょくじけんはんけつ

1件 の用語解説(大宇(テウ)財閥巨額粉飾事件判決の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

大宇(テウ)財閥巨額粉飾事件判決

大宇は1999年に破綻(はたん)、解体された韓国の財閥。創業者の金宇中(キム・ウジュン)元会長は、破綻に先立つ90年代後半、グループ各社に20兆ウォン(約2兆4000億円)を超す巨額の粉飾決算を指示、不正融資の罪にも問われた。取り調べ直後海外に逃亡、2005年6月、5年7カ月ぶりに帰国、逮捕された。ソウル中央地裁は06年5月30日、金被告に懲役10年と韓国史上最高額の追徴金21兆4484億ウォン(約2兆5700億円)を言い渡した。金元会長は36年大邱(テグ)生まれ。グループを繊維工業から重工業にまで広げ、業界会長、財界役員を務めるとともに、韓国の輸出拡大に貢献したとして表彰され続けてきた。この間、オーナーによるグループ私物化が進み事件を招いた。

(2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

大宇(テウ)財閥巨額粉飾事件判決の関連キーワード創造性ホンダ ジョルノクレア学校給食公庫交通事故自立活動スペイン映画南西諸島文学賞メカトロニクス

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone