大岡忠正(読み)おおおか ただまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大岡忠正 おおおか-ただまさ

1781-1816 江戸時代後期の大名。
天明元年9月15日生まれ。伊勢(いせ)(三重県)東阿倉川藩主加納久周(かのう-ひさのり)(大岡忠光の次男)の3男。従兄大岡忠烈(ただやす)の養子。寛政9年武蔵(むさし)岩槻(いわつき)藩(埼玉県)藩主大岡家5代となる。12年奏者番。児玉南柯(こだま-なんか)の私塾遷喬館(せんきょうかん)を藩校勤学所とし,講武所をもうけ,文武両道を奨励した。文化13年8月28日死去。36歳。初名は久敦(ひさあつ),久成(ひさひら)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android