大島奥津島神社(読み)おおしまおくつしまじんじゃ

世界大百科事典内の大島奥津島神社の言及

【奥島】より

…奥島は中世を通じて延暦寺領荘園で,鎌倉時代には荘官と荘民との間で琵琶湖岸の魞(えり),網の設定をめぐって紛争が継続して起きており,南北朝時代以降にも延暦寺が荘民を非法に駆使したことで抗争が繰り返されている。島には長命寺,大島奥津島神社があって,とくに大島奥津島神社の文書は,中世奥島荘民の共同体結合を示す史料として著名である。1262年(弘長2)の荘隠規文には共同体の秩序を乱す悪口を吐く者は,妻女,子息でも荘外へ追放され住宅を焼却されることを定めている。…

※「大島奥津島神社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android